あなたは、「がんです。」

そう言われた時、頼れるクリニックはありますか?

現在、日本人の2人に1人ががんと言われますが(※)
「がん」という2文字に直面した時の気持ちは、同じ経験を経て初めて分かるといえます。
当院では、実際に同じような経験を持つ医師による、診察をお受け頂くことが出来ます。
※参照 2015 国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

当院では、総院長である松岡医師、がん治療部門の伊沢医師が、患者様と同じような経験を持ち、自分自身の経験から得た、最善の治療や検査プランをご提案することができます。
いずれも現在に渡り、幹細胞治療とがん検診を定期的に行い、当院で体調管理を継続しております。

日本全国に多々あるクリニックの中でも、実際にがんの経験のある医師が考える治療プランをご提案できるクリニックは、非常に数少ないといえます。

~当院のがん治療の特徴~

近年、がんの最新治療が数多く開発され、治療のご選択には皆さまお困りになっていると思います。
当院では、がんの経験を生かした医師自身が受けたい治療を、当院での治療の選択基準としています。
その為、いずれのクリニックよりも患者様の立場に寄り添った治療を、ご提案させて頂くことができます。

伊沢医師の想い

がん診療に携わるきっかけは、大切な友人を若くして亡くした経験からです。
以来がんの患者様を多く拝見してきましたが、健康が当たり前であった自分自身が「子宮頚がん」の可能性を指摘されたのは数年前です。
同じくがん体験がある松岡総院長より当院での幹細胞治療を推奨頂き、病変部分を取ることに加えて私も幹細胞治療を受けることを決めました。
現在も元気に診療に従事することが出来るのは、そういった治療選択や定期的な最善のがん検査のおかげと自負しております。

昨今、医学の進歩により様々な治療法が開発されるとともに、現在のがんの状態、体の状態によって選べる治療も多くなりました。
しかし治療法が多くなるとともに、患者様の立場では選択できる治療は増えても、治療を決めるのは難しくなったのではないかと感じています。

松岡総院長も私も、自分自身の経験を生かし、患者様に寄り添った治療をご提案できることは、「がん」という疾患を通じて医師として大きな経験を得たと考えております。
未病の方々にはずっとお元気でいて頂くための最善の検査、ご病気に罹患してしまった際には最適な治療を、一緒に考え行っていきましょう。